肩こり
Share

Businesswoman leading sedentary lifestyle causing shoulder pain

筑波技術大学、客員研究員

国際バイオフィードバック認定連合, フェロー

 田中秀明

更新 2017 06 03

肩こりで悩んでおられる患者さんは非常に多くおられます。また、過去に日本および欧米で行われた各種アンケート調査においても肩こりは腰痛と並んで鍼治療を受療する動機のトップに挙げられています。

「肩こり」は日本人には非常に馴染みのある表現ですが、病名ではなく首から肩にかけてのこわばった感じや不快感・こり感・重苦しさや痛みにいたる症状の総称です。肩こりの原因には諸説ありますが、一般的にはデスクワーク等で同じ姿勢をとり続けたりするなどして頭や腕を支える僧帽筋や肩甲骨周辺の筋肉が持続的に緊張し硬くなることによると考えられています。筋が長時間緊張しているとその周囲の血液循環が悪くなります。局所的な循環障害により、乳酸やプロスタグランジンなどの物質が蓄積することで筋疲労が生じ肩こりを感じるとも言われています。鍼灸治療は血液やリンパの流れを改善することはよく知られています。筑波技術大学における研究でも鍼や灸による刺激は局部および遠隔部の循環を促進することが示されています。[1-4] これには局所的な神経反射(軸索反射、脊髄反射)や全身的な自律神経反応が関わっていることがわかっています。




ちなみに日本の一部医療関係者のあいだでは、肩こりは日本人特有のもので、欧米人は肩は凝らないという珍説が広まっています。私自身も日本に居たころはそう信じていました。しかし、カナダで過去30年以上治療に携わった経験から言うと全くそんなことはありません。肩こりは人種に関係なくみられます。ただし、日本人にはなで肩や猫背など姿勢的な問題や考えこみやすい性質の方が多いと思われ、陽気なラテン系の方々や草原を走り回っているアフリカの民族らと比較すると肩こりになりやすい要因を持っておられる割合が多いかもしれません。いずれにしても首から肩にかけての筋肉の張りや凝りは人種にかかわらず万国共通の症状です。

近代社会の若年層での肩こりの原因の多くはPCやタブレット機器の長時間使用によるものです。コンピュータの前に座っていると、時間の広範囲にわたって入力すると、関連する筋の疲労や周辺組織の血液の流れも悪くなります。

タイピングやコンピューターマウスの連続使用による反復運動は、肩こりだけでなく肘の腱鞘炎や手首の手根管症候群などいわゆる頚肩腕症候群の発症につながります。鍼灸治療はこれら頚肩腕症候群の改善にも有効です。また、デスクや椅子およびPCモニターの高さの調整やキーボード、マウスサポートなどエルゴノミクス的な対処も重要です。

また、慢性の肩こりストレスなど精神的なものが主な原因となっているケースも多くみられます。その場合は、それら精神的な問題に対する対処が肩こりの長期的改善に重要です。鍼灸治療も有効な場合があります。

[1] Mori, H., Kuge, H., Watanabe, M., Tanaka, T. H.  Does electroacupuncture influence skin temperature, skin blood flow, and muscle blood volume among stimulation sites? Medical Acupuncture. 28 (6):325-330, 2016 [Abstract]

[2] Mori, H., Kuge, H., Tanaka, T. H. et al. Influence of different durations of electroacupuncture stimulation on skin blood flow and muscle blood volume. Acupuncture in Medicine 32:167-171, 2014 [Medline]

[3] Mori, H., Tanaka, T. H., et al. Is there a difference between the effects of one-point and three-point indirect moxibustion stimulation on skin temperature changes of the posterior trunk surface? Acupuncture in Medicine, 30:27-31, 2012 [Medline]

[4] Mori, H., Tanaka T.H., et al. Is there a difference between the effects of single and triple indirect moxibustion stimulations on skin temperature changes of the posterior trunk surface? Acupuncture in Medicine, 29:116-121, 2011 [Medline]

 




Share